メディア個別 ARナビなら迷わない!?Googleマップ「ライブビュー」活用法 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2021/04/15

ARナビなら迷わない!?Googleマップ「ライブビュー」活用法

慣れない土地で新生活を送るにあたり、必ずぶつかるのが「目的地までの道が分からない」という悩み。特に渋谷駅や新宿駅といった巨大ターミナル付近を歩くとなると、道の複雑さや人混みも相まって、なかなか目的地までたどり着けないことも。

そんな時におススメしたいのが、「Google マップ」アプリのライブビュー機能! これを使うと下の画像のように、スマホをかざした目前の風景に矢印や経路が立体的に現れます。これならどの道を進んでいいのか、どの角を曲がるのかも一目瞭然。


image

ARナビゲーション機能「ライブビュー」の使い方


「ライブビュー」はARCore(ARKit)に対応したAndroid、またはiOS端末で利用可能。機能を使用するには、以下の手順で操作を行いましょう。
まずは「Google マップ」アプリを起ち上げます。検索欄から目的地の住所または名称を入力するか、マップ上に表示されるピンから目的地を選択。

image04  image05


目的地がセッティングできたら、画面下にあるタブから「経路」を選びます。

image

次に交通手段を「徒歩」にし、続けて「ライブビュー」をタップするとすぐにカメラが起動! 画面上の指示に従ってスマホカメラをゆっくり左右に動かし、付近の情報を読み取らせていきましょう。

image04  image05


現在地の認識が完了すると、さっそくARによるナビゲーションはスタート。画面に眼前の風景と円状のGoogleマップ、立体的に表示されるアイコンが浮かび上がります!

なお、道順を再確認するときは安全な場所で一度立ち止まってから操作してください。スマホを見ながらの歩行は事故やケガに繋がる危険性もあるため、マナーを守って利用しましょう。

image

「ライブビュー」使用中は利用者が歩行したことを検知すると自動でオフになり、2D表示のマップに戻る仕組みになっています。迷ったポイントで立ち止まり、ライブビューに切り替えるなどの使い方がおススメです。

Googleマップの便利ワザ!「トイレ」と検索すると!?


「Google マップ」アプリには、痒い所に手が届く便利な機能がたくさん搭載されています。例えば、外出先でトイレに行きたくなった時には 「Google マップ」の検索欄にそのまま「トイレ」と入力。すると街中にある開放されているトイレの場所がピンで表示されます。これなら子どもを連れた遠出でも安心! 詳しい操作方法は動画の4:00からご覧ください!


大画面で確認するならコチラ意外と知らない!「Googleマップ」の便利な使い方 オフラインマップやストリートビューをマスターしよう

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る