メディア個別 【スマホ初心者使い方ガイド】3GとLTEの違いって?通信網の秘密に迫る! | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2014/08/21

【スマホ初心者使い方ガイド】3GとLTEの違いって?通信網の秘密に迫る!

docomo_folder_450
   スマホを使っていると、よく耳にする「3G」「4G」「LTE」という言葉。端末の画面上部にも表示されていますよね。これらは一体何を意味してるのでしょうか?

 

■すべて通信規格の名称

07

 一言でいうと、「3G」も「4G」も「LTE」もすべて、通信規格のこと。「G」とは「Generation(世代)」の意味で、「3G=第三世代通信規格」ということになります。

 つまり、「3G」よりも「4G」のほうがより新しく、通信速度がより速い規格ということになります。スマホの左上の通信表示が「4G」のときに、ネット接続がサクサクと快適なのは最新規格を利用して通信しているからなんですね。

002
 ではよく聞く「LTE」って何?これは「3.9世代の通信規格」、つまり限りなく「4G」に近い通信網で、「3G」よりも速い規格です。最近は世界的に「LTE」を「4G」と称する通信事業者が増えてきたため、「4Gの一種」として扱われるのが一般的です。

 簡単にまとめるなら、「3G」に対して「LTE」と「4G」は”超速い通信”規格ということになります。
 

■どうすれば4Gで通信できるの?

 「LTE」や「4G」では、「3G」よりも高速な通信が期待できます。動画の視聴や容量の大きなアプリのダウンロードなども、より快適に行えるのが魅力です。

011
   しかしながら「3G」や「4G」、「LTE」といった通信網は、地域によってサービスエリアが異なります。すべての通信規格が届く場所もあれば、「3G」しか利用できない場所もあるでしょう。
 スマホは、その時に最適な通信網を識別し、自動的に受信する機能があります。常に最上位の通信網を選んでくれ、ユーザーが意図的に選択することはできません。

010
 自分の生活圏内がどのサービスエリアに含まれるのかを知るには、スマホのキャリアの公式サイトで公開している通信エリアをチェックする必要があります。(写真はNTTドコモのLTEサービスエリア紹介画面)
 
05 06
 また、計測アプリの「ドコモスピードテスト」を使えば、現在受けられる通信規格の名称と、通信スピード、エリアなどを調べることもできます。  

■高速通信で気をつけること

04-31

 「LTE」や「4G」により、通信速度は飛躍的にアップしました。しかし、それ故に大容量の通信を続けると、1ヶ月のパケットが一定量を越えてしまう恐れもあります(パケットの上限は契約形態により異なる)。一定量を越えた場合、翌月の通信速度が制限される可能性があるので、気をつけたいものです。
 
03 04
 これらパケット量はキャリアの公式サイトや、「My docomo」などのサポートアプリでチェックすることができます。
 自分の利用している通信網がどの種類か、それに合った利用スタイルとはどんなものか。快適なスマホライフを満喫するために、一度チェックしてみるものいいですね。
 次回は、「Wi-Fi?テザリング?今更聞けない!ネットワークの接続設定」をご紹介します!


■ 関連特集を見る

home

machiuke

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る