メディア個別 レースなのにパズル!?繰り返し遊んじゃうハイセンスゲーム「Does not Commute」 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2015/05/04

レースなのにパズル!?繰り返し遊んじゃうハイセンスゲーム「Does not Commute」

 一見すると、箱庭風の街中を自由に滑走する車たち。しかし、いざプレイするともっと奥深いシステムが仕込まれていて、それに気がついたときにはすでに虜になっている…。アメリカをはじめ、世界中のGoogle Play無料ランキングを勢いよく上がってきているゲームアプリ、それが「Does not Commute」だ。    基本は、「カウントダウンされる時間がゼロになる前に、車を操作してゴールを目指す」というレースゲーム。街のどこかにゴールポイントが用意され、そこに到着するとステージクリアだ。  
waldofriends2
   画面の左右をタップことでハンドリングを取り、うまく運転して目的地に向かおう。しかし街はかなり広いので、ときに反対車線に飛び出したり、歩道に乗り上げたり、街路樹にぶつかりながらでも自由にランディングできる。  
doesnotcommute4
   ところが、このゲームの肝はここから。一度ゴールにたどり着くと、同じ街で再び2ラウンドめがスタートする。その際、どこかで見たようなヨタヨタと走る車が障害物となって立ちはだかる。  そう、このヨタヨタカーこそ、ひとつ前のステージでプレイヤーが運転していた車なのだ!つまり、プレイすればするほど、自分の車が障害物となって、次のステージに出現するという仕組み。    これは裏返せば、「いかに次のステージで邪魔にならないようなルートを通ってクリアするか」が必要となる。一手先を読むパズル要素もあり、活気づく街並みを作っていく育成要素もあり、実によく練られたコンセプトだ。これだけクオリティの高いゲームが無料で遊べるんだから、ただ感心するばかり。世界中のプレイヤーが時間を忘れて夢中になるというのも納得の良作である。   ※データは2015/4/28現在のGoogle Play新着無料ランキングによるもの。
Does not Commute doesnotcommute1_2カテゴリ:ゲーム
もっと見る

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る