メディア個別 お弁当箱はどう収納すべき?便利な収納方法から避けたい注意点も | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/07/27

お弁当箱はどう収納すべき?便利な収納方法から避けたい注意点も

お弁当箱にはいろいろなアイテムがあるので、収納に悩む人も多いのではないでしょうか? お弁当箱の収納テクニックを理解すれば、時間と手間の削減につながります。収納方法やポイント、100均でそろえられる収納グッズについてもチェックしましょう。

朝の準備を楽にする おすすめ収納方法



何かと忙しい朝は、お弁当作りに加え、洗顔やメイク、着替え、朝ごはんなど、やることが多いため、なるべく一つ一つにかける時間を短縮したいものです。

朝のお弁当作りに役立つ「お弁当箱の便利な収納方法」を紹介します。

一口に「お弁当箱」といっても、単品で持つわけではなく、お弁当袋やお箸セットなどを一緒に持ち歩く人が多いのではないでしょうか?

そのため、お弁当に必要なものをバラバラに置いておくと、それらを取りに行く手間や探す時間が必要になります。

そんな人に「お弁当箱専用のボックス」は、とても便利です。

専用ボックスの中にグッズをまとめておけば、中を探すだけで解決できるため、時間を大幅に節約することができます!

家族分のお弁当を作るなら、お弁当箱ごとに収納を分けておくことがおすすめです。

たとえば、自分のお弁当に加えて、夫の分、子どもの分が必要になる場合は、それぞれのお弁当箱セットを分けて管理しておけば、直前になって「○○のお弁当袋がない!」といった状況を避けることができます。

また、運動会やお花見などの行楽シーンにのみ使用するお弁当箱も同じです。

行楽シーンでは、使い捨てのお皿やウェットティッシュ、カトラリーを使うことも多いため、専用の大きなお弁当箱と一緒に必要になるものをまとめておくととても便利です。

ピックやバラン、タレビンなど、お弁当には細々した小物類を使います。

小物類は、お弁当袋などのグッズとは別に、小物類だけをまとめたケースやボックスがあると管理がしやすくなりますよ!

お弁当と一緒に管理してしまうと失くしやすいので、小物類専用のボックスの中でそれぞれを収納しましょう。

必要なものをすぐに取り出せるようになるため、探し出すプチストレスも改善できます!

なるべく避けたい収納方法は?



お弁当箱の収納では、なるべく避けたい収納方法があります。

お弁当関連のものを分けておけば分けておくほど、便利なように思いがちですが、あまりにも細かすぎるのも考えものです。

どのようなNG例があるかチェックしましょう。

お弁当箱はお弁当箱だけ、お箸セットはお箸セットだけ、というように種類ごとに分けると取り出す手間がかかってしまうため、避けたほうがよいでしょう。

基本的に、お弁当箱とお箸、袋は、同じ人が同じものを使うことが多いアイテムです。それぞれを分けて収納してしまうと、取り出す手間と時間がかかってしまうため、あまりおすすめの収納方法とはいえません。

ただし、お弁当袋をたくさん持っており、毎日別のお弁当袋を選びたいなど、部分的に種類で分けることはおすすめです。選ぶ楽しみも重視しながら、自分に合った方法で管理しましょう。

お弁当専用ボックスをキッチンに置く場合には、全てキッチン内で管理できるとよいでしょう。

たとえば、お弁当袋などは洗濯が必要になります。洗ったお弁当袋を畳んだあと、そのままハンカチケースやタンスにしまう人もいるかもしれませんが、なるべくキッチンで保管できると取りに行く手間が省けるため、時間の節約につながります。

ボックスの収納場所は、キッチン内やリビングなど自分が管理しやすい場所を選び、その空間の中でお弁当関連グッズもまとめておきましょう。

「いつか使うかも……」という気持ちから、過去に使っていたお弁当箱などを保管していませんか?

失くしてしまったり壊れてしまったりしたときのために、いくつか替えのものを置いておくことは大事ですが、溜め込んでしまっていては収納スペースを有効に使うことができません。

お弁当関連グッズだけではなく、使い捨てのパックや空のペットボトルも同様に、手元に残しておく数さえ決めておけば、いざというときにも安心ですよ。

過剰に残しているなど、しばらく収納場所の整理をしていない人は、今あるものが全て必要なものかどうか見直してみましょう。

番外編 小物の収納はどうする?



お弁当箱にごはんやおかずを詰めるときには、ピックやバランなどを使用する人が多いです。

とても便利な製品である一方、ピックやバランといった小物類は小さい割りには幅があるため、なかなか収納には困ります。

小物類はどうまとめておくとよいでしょうか?

小物類のおすすめ収納グッズは、100均でそろえることができます。

まず、小物用の専用ボックスがあると大変便利です。そこからさらに、ピックやつまようじ、カップ、バラン、タレビンなどをそれぞれ収納ケースや袋にまとめ、ボックス内にまとめましょう。

カップなど、幅や高さがある小物は、小物専用ボックスとは別に、「重ねて使える小さな入れ物」を使用することで、スペースの節約にもつながります。

上段にはシートやバラン、下段にはカップなどというふうにボックス内でもうまく収納できますよ。

お弁当箱の収納はひとまとめがカギ



お弁当作りの時間と手間を節約するポイントは「収納場所をまとめる」ことです。

お弁当箱専用のボックスを作り、一式まとめて収納しておけば、とても管理がしやすくなります。また、種類ごとに分けたり収納場所を散らばせないことで、忘れ物の防止にもつながりますよ。

100均には、たくさんの収納ボックスやグッズが取りそろえられているので、うまく活用しましょう。


関連記事


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る