メディア個別 モンストグランプリ2019アジアチャンピオンシップ決勝大会レポート 優勝は「どんどんススムンガ」に決定 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/07/18

モンストグランプリ2019アジアチャンピオンシップ決勝大会レポート 優勝は「どんどんススムンガ」に決定


2019年7月13日(土)、14日(日)にかけて幕張メッセで行われた「XFLAG PARK」。その中の目玉イベントとして開催された「モンストグランプリアジアチャンピオンシップ 決勝大会」のレポートをお届けします。

本イベントは大人気スマホアプリ「モンスターストライク」のesports大会で、日本全国5か所および香港や台湾といったアジアの国で開催された予選大会を勝ち上がったチームが競う決勝大会となっています。決勝の舞台に上がったのはこちらの10組。

北海道・東北代表 早撃ち0.3秒

関東Aブロック代表 Cats

関東Bブロック代表 LMBulldozer(エルエムブルドーザー)

中部Aブロック代表 とろけるフレンチトースト

中部Bブロック代表 どんどんススムンガ

関西Aブロック代表 AliceWithAce(アリスウィズエース)

関西Bブロック代表 アラブルズ

九州代表 ろくまる◢⁴

香港予選 台妹愛港彈(ビィエンユェン フェイ ザイ)

台湾代表 邊緣肥宅(トィモィオィゴンダン)

決勝大会前の7月13日(土)に行われた、タイムアタックRoundの各チーム順位とタイムは以下の通り。
関東Aブロック代表の「Cats」が1位と順調な滑り出しを見せる中、優勝候補筆頭でもある関東Bブロック代表「LMBulldozer」が最下位となり暗雲立ち込める結果となりました。

そして、タイムアタックRoundの結果をもとに決まったトーナメント表はこちら。
なお、バトルRoundでは全ての試合がBO3(2本先取制)方式が採用されています。

ついに開幕!モンストグランプリアジアチャンピオンシップ バトルRound

開幕すると共に全チームが出場。

事前に行われた優勝予想は以下の通り。
「LMBulldozer」や「アラブルズ」といった強豪と呼ばれるチームが上位に名を連ねる結果となりました。

そして決勝大会にて選手に授与される賞金・商品がこちら。
決勝大会では、上位4位までのチームにプロライセンスが付与されることとなっており、そちらの結果にも注目が集まります。

第1試合 早撃ち0.3秒 VS LMBulldozer

まず始めに行われたのは、ベスト8進出の枠をかけた4チームによる対戦。
事前に行われた優勝予想で圧倒的な得票率をみせたLMBulldozerでしたが、まさかの2連敗を喫し、ここで会場を去る結果に。早撃ち0.3秒がベスト8進出を決めました。

第2試合 台妹愛港彈  VS とろけるフレンチトースト

第3戦までもつれる展開となりましたが、軍配はとろけるフレンチトーストに。接戦を制したとろけるフレンチトーストがベスト8進出を決めました。

ベスト8 第1試合 AliceWithAce VS アラブルズ

関西対決となった1戦。決勝大会に進出した唯一のプロチームでもあるアラブルズが安定した立ち回りをみせ、AliceWithAceを下す結果に。アラブルズが準決勝進出一番乗りとなりました。

ベスト8 第2試合 どんどんススムンガ  VS 早撃ち0.3秒

第1戦を鮮やかに勝ち抜けたどんどんススムンガが2戦目を制し、準決勝進出。強敵「LMBulldozer」を退けた早撃ち0.3秒は、ここで敗退となりました。

ベスト8 第3試合 Cats VS 邊緣肥宅

ここまで負けなしと勢いを見せるCatsが1戦目を制するも、2戦で初の敗北を喫する。しかし、その敗北に引きずられることなく落ち着いたプレイングをみせ、見事に第3戦を勝利。Catsの準決勝進出が決定しました。

ベスト8 第4試合 ろくまる◢⁴ VS とろけるフレンチトースト

コンマ差となった第1戦を制したでろくまる◢⁴が、勢いのままに2戦目で勝利を挙げる結果に。ろくまる◢⁴が準決勝進出最後の枠を勝ち取りました。

準決勝 第1試合 アラブルズ VS どんどんススムンガ

第1戦、序盤からミスが目立つアラブルズに対し、完璧な立ち回りをみせたどんどんススムンガが勝利。2戦目、アラブルズが今大会の鬼門といわれるステージでダウンとなり敗北。2勝した、どんどんススムンガが決勝への切符を手にしました。

準決勝 第2試合 Cats VS ろくまる◢⁴

1戦目を制し、2戦目でも圧倒的なリードを取ったCatsでしたが、アラブルズも捕まった魔のステージでまさかのダウン。1対1のドローで迎えた3戦、ろくまる◢⁴が立ち回りのミスによりダウン。決勝進出はCatとなりました。

アジアNO.1が決定!モンストグランプリアジアチャンピオンシップ決勝

準決勝を勝ち抜き決勝の舞台に立ったのは、こちらの2チーム。

どんどんススムンガ 左からぴよまる選手、グヲタ選手、おりがみ選手、ごーず選手

Cats 左から*あやたか*選手、ひかり選手、♡るんるん♡選手、猫A選手

両者健闘を称えて握手を交わします。

その後選手は席に着くと決勝が開幕。どんどんススムンガはキャラピック最後で、誰もが予想しなかった「こゆき」をピック。魔人/獣キラーMとボス戦には有効となるものの、ギミックに対応ができないためタイムを競う場面では不利に働くと予想されますが、どのように活かすのか注目となります。

決勝 第1試合

どんどんススムンガが序盤から時間を使って、こゆきの配置を徹底する中、Catsは安定したステージ運びによりステージを突破していきます。Cats優勢に見えた展開でしたが、配置されたこゆきのマッチショットで一撃で中ボスを撃破したところから、どんどんススムンガが一気に形勢逆転。

不利となったCatsは急いで巻き返しを図ろうとしますが、どんどんススムンガの勢いは止まらない。ラスボス戦こゆきがまたしても、ボスに対してマッチショットを決め大きなダメージを与え、大幅なリードを保ったままフィニッシュ。隠し玉「こゆき」が見事に功を奏し、どんどんススムンガが王手をかけます。

決勝 第2試合

1試合目を落としたことに動揺したのかCatsが序盤出遅れる。しかしCatsはここで終われないとばかりに意地をみせ、中盤ステージで追いつきます。

ラストステージまで互角となった展開でしたが、雑魚敵の処理に手間取ったCatsが出遅れてしまう。その間にどんどんススムンガがストライクショットでを使いボスのHPを削っていきます。その後、Catsもボスを倒しにかかるが1歩及ばず。どんどんススムンガが先にボスを倒し勝利し、2勝目を獲得。

これにより、どんどんススムンガの優勝が決定!

優勝したどんどんススムンガには優勝賞金として4000万円と、カローラやじゃがりこ1年分など豪華副賞が授与されました。

今大会で上位となった4チームにプロライセンスが付与されました。プロライセンス獲得チームは以下の通り。

・どんどんススムンガ
・Cats
・ろくまる◢⁴
・AliceWithAce※
※今大会3位の「アラブルズ」はプロチームのためタイムアタックRound上位のAliceWithAceが繰り上げで獲得となりました。

大きな盛り上がりをみせた「モンストグランプリ2019アジアチャンピオンシップ」。プロとなった3チームと優勝チーム「どんどんススムンガ」がこれからどんな活躍をみせるのかにも注目が集まります。モンストからまだまだ目が離せません。



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る