メディア個別 メイクアイテムの収納は難しい?使いやすく片付けるポイントを紹介 | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/12/07

メイクアイテムの収納は難しい?使いやすく片付けるポイントを紹介

すぐに増えてしまうメイクアイテムは、使う物だけを厳選してすっきりと片付けたいものです。ボックスやケース、ウォールポケットなどのアイテムを活用して上手に収納するポイントを紹介します。まずは「要る物と要らない物」の分類から始めましょう。

メイクアイテムを収納する前にやること



メイクアイテムの収納を始める前に「使える物と使えない物」「要る物と要らない物」を分けておきましょう。

メイクアイテムは次々と新作が出るため「仕分け作業」を怠ると、収納グッズがいくらあっても足りません!

まずは、自分が持っているメイクアイテムを全て一カ所に集めましょう。ドレッサーの前にメインのメイクアイテムはもちろん、持ち運び用としてポーチに入れている物も対象です。

アイテムを一カ所に集めると、「今、自分が何をどれだけ持っているか」が明確に把握できます。「商品の重複購入」や「期限切れ」が防げるので、お財布にも優しいですよ!

集めたアイテムは、「ベース」「アイ」「チーク」というふうにざっくりと分類しておきましょう。

次に、たくさんのアイテムの中から、「使用期限が過ぎた物」をピックアップします。

化粧品の場合、未開封状態であれば約3年ですが、開封すると酸化が進むのでできるだけ早く使い切りましょう。以下は使用期限のおおよその目安です。

●液体、クリーム状:半年以内
●固形、パウダー状:1年以内
●マスカラやリップ:3カ月以内

「液体、クリーム状」には、リキッドファンデーションや日焼け止め、クリームチーク、クリームアイシャドウなどが含まれます。

「マスカラ」は、まつげに付いたほこりや細菌がマスカラ液を汚染するため、残量があっても3カ月以内に処分するのがよいでしょう。「リップ類」は、食べ物のかすやよだれが付着するので、そのぶん劣化も早いです。

次は最終的に「残す物」を決めて、「要らない物」を処分しましょう。処分すると考えると、なかなか絞り込めない人も多いはずです。

そんなときは、「今使っている物」と「それ以外」に分け、さらに、「それ以外」のアイテムを「処分がすぐに可能な物」と「捨てるのに迷う物」に分けます。

迷い中のアイテムを勢いで処分すると「捨てなければよかった……。」とまた同じ物を買う羽目になるかもしれません。一つ一つのアイテムを手に取りながら、捨てて後悔しないかをじっくりと考えましょう。

数カ月間様子をみて、「一度も使わなかったら捨てる」という選択肢もあります。

使いやすく収納するコツ



アイテムの仕分けと処分で、手持ち品がぐっと厳選されたのではないでしょうか? アイテムの形状やメイク場所にあった「収納方法」を考えるのが次のステップです。

洗面所、ドレッサー、会社の化粧室など、メイクをするシチュエーションはさまざまです。メイクアイテムの「収納方法」や「収納グッズ」は、メイクする場所に合わせて選びましょう。

例えば、ドレッサーや洗面台など「自宅でメイク場所が固定されている場合」であれば、引き出しを整理するトレイや立てて収納するスタンドなど、スペースを見栄えよく整理整頓できる収納グッズがおすすめです。

一方で、「メイク場所が固定されていない場合」は、ブラシ類からファンデーションまで、アイテム一式が入る大きめのメイクボックスが便利です。

また、化粧直しで「家の外で使う場合」は、かばんに入れてもかさばらない、コンパクトなポーチタイプがよいでしょう!

メイクアイテムと一口にいっても、細々した物から、大きな物まで形やサイズは千差万別です。一つの中に全て収めようとするのではなく、サイズの違うボックスをいくつか組み合わせてみましょう。

例えば、引き出しの中に収納する場合は、大きめのボックスを一つだけ置く代わりに、小サイズと中サイズのボックスを組み合わせて、スペースを仕切っていきます。

同じシリーズのアイテム(色、高さなどが同じで、容量が異なる)を使うと統一感が生まれる上、スペースが無駄になりません。

おしゃれに収納できるアイテム3選



見た目と機能性の両方に優れたおすすめ収納アイテムを紹介します。場所に合わせて使い分けましょう。

〔無印良品〕の《重なるアクリルボックス》は、サイズの異なる6種類(大、中、小、大ハーフ、中ハーフ、小ハーフ)があり、大、中、小の各サイズ同士はぴたっと重なるつくりになっています。

収納物に合わせて自由に組み合わせが可能なので、オーダーメイドのような使い方ができるでしょう。透明度の高いアクリル製は中身が一目瞭然で、忙しい朝でも使いたい物がすぐに見つかります。

購入はこちら

自宅でメイク場所が固定されていない場合は、持ち運びができる大きめの収納アイテムが役立つでしょう。

〔マストバイ〕のメイクボックスは、幅30.5×奥行19×高さ23cmの大容量タイプで、ふた部分にはミラーが付いています。

フラップを手前に引いて固定すれば、メイク中のコスメ置きにもなり、部屋中が「簡易ドレッサー」に早変わりします。

中にはスクエアホルダーとスティックホルダーが付いており、しっかり仕分けができるのもポイントでしょう。ピンクのクロコ柄は、女性らしさがアップしそうですね。 



ワタシ流にカスタマイズできる クロコ柄メイクボックス クラッセ ピンク

〔イケア〕の《VARIERAボックス》は持ち手の付いたシンプルなボックスです。中身が見えないホワイトカラーなので、シェルフにそのまま置いてもすてきですよ。

メイクしたいときは、棚からボックスごと引き出すだけなので忙しい朝の時短にもなるでしょう。中に仕切りがないので、自分好みにアレンジしやすいのもメリットです。

トレイやケースで仕切ったり、上におしゃれな布をかけたりするのもよいですね。



IKEA(イケア) RATIONELL VARIERA ホワイト 24x17 cm 30177257 ボックス、ホワイト

百均を使った収納アイデア



収納にコストをかけたくない人は、〔ダイソー〕や〔セリア〕などの百均アイテムを使ってみましょう。リーズナブルで種類豊富な収納グッズがあり、アイデア次第でさまざまな物に活用できます。

中身がすぐに分かる透明の「ガラス瓶」は、リップやネイルなどの小物を分類するのに最適です。同じシリーズでそろえれば、シェルフや引き出し内がよりすっきりと見えるでしょう。

取り出しやすさを考慮して、口が広めの物を選ぶのがおすすめです。瓶底(内側)にフェルトを貼っておくと、入れたときの音が気になりませんよ!

また、ガラス瓶に好きな色のカラーサンド(砂)を詰めて、カラフルな「メイクブラシ立て」にするのもすてきですよ。

「洗面台やドレッサーの上に物を置きたくない」という場合は、百均の定番商品「ウォールポケット」を活用した「壁面収納」に挑戦してみましょう。

メイクアイテムを入れるなら、汚れや水濡れに強く、中身が分かりやすい「ビニールのクリアタイプ」が最適です。

例えば、〔セリア〕の《ウォールポケット クリア21》は、カードサイズのポケットが21個付いており、アイシャドウ、チーク、アクセサリーなどの小物類が収納できます。

《ウォールポケット クリア7》はCDサイズのポケットが7個付いているので、ファンデーションやメイクパレットなどにぴったりでしょう。

メイク収納に一見、関係なさそうな物も、アイデア次第ですてきな収納アイテムに早変わりします! 用意する物は、〔ダイソー〕の「ステンレス製のコップ」です。

持ち手部分にリング状のフックを取り付けて固定した後、アイアンバーにフックを引っ掛ければ、つり下げるタイプの小物入れの完成です。

ステンレスのクールでスタイリッシュな風合いが、空間をおしゃれに演出してくれるでしょう。

整理と収納を定期的に見直そう



新作が出るたびに、つい買ってしまうメイクアイテムは、定期的に整理して収納を見直すことが大切です。収納する際は、「どこでメイクするか」を考えながら、場所に合った収納アイテムを活用しましょう。

見せる収納と隠す収納をバランスよく取り入れたいですね。

関連記事


mm_appreview_1

マイマガジン6周年キャンペーン

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る