メディア個別 トイレの換気扇はメンテナンスが大切。臭いこもりやカビ対策にも | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2019/09/24

トイレの換気扇はメンテナンスが大切。臭いこもりやカビ対策にも

トイレの換気扇のお手入れはしていますか? まったくしたことがない人もいるかもしれませんね。実は、定期的にお手入れしないと、悪臭やカビの原因になることもありますよ……! 正しいメンテナンスをすることで、清潔なトイレをキープしましょう♪

トイレ内の空気をキレイにする換気扇



トイレの換気扇を普段どの程度気にしていますか?「台所の換気扇はよくお手入れするけどトイレの換気扇はほったらかし……」という人も多いでしょう。

タンク内や壁など、トイレはさまざまな臭いが溜まりがちです……。空気を入れ換えるときに役立つトイレの換気扇も、きちんとお手入れをしないと悪臭やカビの発生原因につながりますよ……!

トイレで不快な思いをしないためにも、お手入れの方法について詳しく知っておきましょう。まずは、トイレの換気扇についての基本的な役割や種類を紹介します。

トイレや台所のような水場にとって一番の敵は「カビ」です。カビは空気中に漂っています。微小なため、目視はできません。

カビを吸い込んでしまうと、アレルギー疾患や肺炎などの症状を引き起こすことがありますよ。特にお年寄りや小さな子どもにとっては危険な存在です……。

狭いトイレ内でカビを吸い込まないようにしたいなら、換気扇の出番です!

カビは「湿気のあるところ」に発生しやすいため、換気扇で空気を入れ換えて湿度を下げましょう。換気扇は「カビを含んだ空気を外へと排出する」際にもひと役買ってくれますよ。

換気扇にはさまざまな仕様があります。メインは取り付け位置で「壁付け」と「天井埋め込み」の2種類に分けられるでしょう。

それぞれのタイプには、機能性の高いものも多くあります。近年ではスイッチを入れなくても「湿度や人の気配を感知して自動で換気してくれる」タイプのものも販売されていますよ……!

必要な機能や間取りを考えて、換気扇のタイプを選んでみましょう。

トイレの換気扇は回しっぱなしでよいの?



雑菌が繁殖しにくい環境をつくるために、トイレの換気をコンスタントに行ったほうがよいのは理解できたでしょう。

とはいえ、使用時にその都度オンオフを切り替えるのは面倒ですよね……?「いっそのこと24時間回しっぱなしでよいのでは?」と考える人もいるでしょう。

換気扇を回しっぱなしにしてよいのかを解説します!

「24時間稼働させ続けると、壊れてしまうのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし、換気扇の構造自体はシンプルなものが多く、連続稼働でも問題ない製品も多くあります!

不安に感じる人は、製品説明書やメーカーに問い合わせて調べてみるのがおすすめです。

何年も長時間回し続けていれば、さすがに壊れることもあるでしょう。しかし、それはオンオフの切り替えで使っていてもあり得ることですよね。

消耗による劣化の際は、換気扇の修理や交換を検討しましょう。

製品の耐久性と並んで、どうしても気になってしまうのは「電気代」ですよね……? 結論から言ってしまえば、電気代については大きな心配は要りません♪

換気扇の電力消費は、飲食店の厨房などでよく見られる大型タイプでも「20~25W」ほどです。

トイレのように狭い空間で、発生する湿気も浴槽などに比べて限られている場所の換気扇は「2~3W」あたりが一般的でしょう。

その程度の電力であれば、1時間回しても「0.1円」もかかりません。1カ月稼働させても「60円程度」と、かなりリーズナブルな価格で済みますよ!

必要なメンテナンスは?



換気扇を長く使おうと思ったら、メンテナンスは必須です。どんなことをすればよいのかを具体的に見ていきましょう!

換気扇の中も、掃除をしないでいると、トイレカバーやマット、人が出入りした際にホコリが舞って、換気扇の中に溜まってしまうことがあります。ホコリが溜まると、臭いがこもってますます不衛生ですよね……。

ホコリは故障の原因にもつながるため、早めの除去が必要です。「1年に1回程度」の頻度で換気扇を掃除しましょう!

トイレのような小さめの換気扇には、換気扇の外枠に張り付けるタイプのシートでホコリの吸着を予防するのも効果的です。

不織布でできており、ブラインドのような「吸込口」へホコリが付く前にしっかりキャッチしてくれますよ。

換気扇の交換目安についても押さえておきましょう♪

基本的には「異音がする」「換気扇を回しているのに臭いがいつまでもこもっている」というような症状に出くわしたら交換を考えるとよいですよ。

自分で判断できない場合は、インターネットで同じような事例がないか確かめたりメーカーに問い合わせたりしてみましょう。修理業者の中には、無料で見積もりを出してくれるところもあります♪

もちろん、交換などにいたる前にメンテナンスをしっかり施すことで、できるだけ換気扇の寿命を長引かせましょう。

トイレの換気扇の外し方と掃除方法



実際にはどのように換気扇を掃除すればよいのか、順を追って解説します。正しい流れで効率よく掃除をして、快適な空間をキープしましょう!

まずは取扱説明書に目を通しましょう。「コードの抜き方」や「掃除の手順」についての説明が記載されていますよ。

特に、コードを抜く際には、手順どおりにやらないと故障の原因になるため注意しましょう……!

まずは、カバーの外側からフィルターをキレイにします。フィルターに付いたホコリは掃除機で吸い取れば十分キレイになりますよ♪

カバーが完全に覆っているタイプなど、外からの掃除が難しい場合は「カバー部分の取り外し」が必要です。

換気扇内の清掃のために、カバーやファンを取り外しましょう。「カバーの下側」にあるネジをドライバーでゆるめます。ネジは取り外す必要はありません。紛失を避けるためにも付けたままのほうが安心でしょう。

近年では「ネジを使っていない」タイプのものも多くありますよ♪「手前に引っ張れば簡単に取り外せる」タイプのものは、道具要らずでカパッと簡単に取り外せます……!

本体から外した後は、カバーやファンを掃除していきます。掃除機でホコリを吸い取り、ウェットティッシュでさっと拭くだけでOKです。掃除の後は、菌の発生を防ぐためにもしばらく乾かしましょう。

換気扇の中には「フィルターがないタイプ」のものもあります。ファンの部分を着脱してお手入れ可能ですよ。湿気やホコリが直接部品に付着している可能性が高いため、念入りに掃除しましょう。

ウェットティッシュ以外にも、汚れを落とすための歯ブラシや細かい部分の汚れを落とすために綿棒を用意しておくと便利です♪ 中性洗剤があってもよいかもしれません。ホコリを吸わないためにマスクやゴム手袋の装着も心がけたいですね。

注意点として、清掃中にトイレのフタに乗るのはやめましょう……! 人の体重に耐えられるだけの耐久性はありません。

手が届きにくいような難しい位置にあるのなら、清掃業者に依頼することも考えてみてくださいね!

トイレの換気扇リフォームはいくらかかる?



最後に、換気扇のリフォームについても考えてみましょう。新しい換気扇の取付けや位置を移すときにどのぐらいの費用がかかるのか、相場を紹介します!

壁付けタイプか天井埋め込みタイプかによって、それぞれ費用が異なります。

設置の際に天井裏へ通気のための「ダクト」を通す作業が必要です。一方で壁付けタイプは壁などに埋め込まれているパイプに差し込めば使えるため工事の必要がなく、比較的安価にリフォームできますよ。

配線工事などがなければ、交換にかかる工賃は「2~4万円程度」です♪

換気扇自体の代金がかかる点も念頭に置いておきましょう。シンプルなものなら「1~3万円」程度ですが、センサー付きのものになると「5万円」を超えることもあるようです。

見落としがちですが「既存の換気扇の処分費用」や「業者の交通費」などの諸経費も予算に入れて計算しましょう。

換気扇の「位置を変える」場合には、費用は一気にかさみます……!

壁付けタイプのものなら、新しく穴を空けて取り外した穴を塞ぐ工程が必要です。通常の工費とあわせて、穴を塞ぐ工費で「10万円近く」かかることもあるようですよ……!

天井埋め込みタイプに変える場合には「天井の壁紙の張り替え」や「ダクトの設置」などでさらに費用はかさみます……。

家の構造によっても設置できる位置も変わるため、まずは見積もりだけでも業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

清潔なトイレをキープしよう



清潔感と利用する人の健康を保つために、トイレは常に清潔な状態をキープしましょう!

そのための重要なアイテムが換気扇です♪ 換気扇を回すことで、湿気の除去やカビの発生を防ぎます。24時間回し続けても、月100円以内には収まるでしょう。

換気扇自体に汚れなどの衛生上の問題がなければ、回しっぱなしにするのがおすすめですよ。

1年に1回程度掃除をすると、換気扇はより長持ちします。しっかりとメンテナンスも行っていきましょう。

関連記事


mm_appreview_1

マイマガジン6周年キャンペーン

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る