メディア個別 「全国タクシー」アプリで黒タクのタクシーを呼ぶ | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/03/25

「全国タクシー」アプリで黒タクのタクシーを呼ぶ

image

タクシーって乗りたいと思ったとき限って、道で待っていてもなかなか来ないですよね。電話で配車を頼もうとしても、電話番号を調べてかけて、言葉でこちらの場所を伝えるとなると一苦労です。そんな不便さを何とかしてくれるタクシー配車アプリです。調べてみると、「呼ぶ時の現在地や乗ってからの目的地の説明不要」「いろいろな大手タクシー会社から選択可能」「グレードの高い車両指定」「支払いをネットで簡単に済ませられる」「アプリによっては迎車料金の加算なしでタクシーを探せる」などメリットいろいろ。これは試しに乗ってみるしかない。今回は、配車アプリを実際に試した様子をレポートします!

初めて使う際には登録が必要

私の仕事場から少し行けば大通りに出るので、そこで待っていれば空車のタクシーは通りそうですが、今日は天気も良くないし、大きな荷物も抱えていて少しの距離も歩きたくない。そんな場合は建物の前まで乗り付けてほしい!ということでアプリを使って、仕事場の建物の前まで来てもらうことにしました。
全国タクシー:タクシーが呼べる
Android iOS
今回は、タクシー配車アプリ「全国タクシー」を利用しました。国内の複数大手タクシー会社の車が利用可能なアプリです。

image

インストールして起動すると、まず本人確認のための認証があります。アプリで呼べるとなると、いたずらで使ってしまうようなことを防ぐ手法と思われます。
認証は、電話番号を送るとSMSで送られてくる4桁のコードを入力すればOKです。

image

次にアカウント情報を入力。名前とメールアドレス、パスワードなどを設定します。

image

アカウントごとに、支払い方法も登録できます。アプリでタクシーを呼んだ場合、通常に乗った時と同じように現金やカードで料金を支払うこともできますが、あらかじめ登録しておいた方法でスマホから支払う「ネット決済」も利用可能です。今回は「ドコモケータイ払い」を利用することにして、あらかじめドコモのdアカウントを登録しておきます。
以上が準備段階です。

実際にタクシーを呼んでみる!

それでは、いよいよタクシーを呼んでみましょう。

image

「全国タクシー」の地図画面の上部にある「今すぐ呼ぶ」をタップします。次に、地図を指で動かして、タクシーに乗りたい(呼びたい)地点を画面真ん中のアイコンの位置を調整します。画面右下の現在地ボタン(赤丸部分)を押すと今いる地点が中心になります。

image

おおよその乗車地点が決まったら「ここから乗る」ボタンをタップします。すると地図が拡大されるので、タクシーが停車しやすい道路沿いに地図の位置を調整してもう一度「ここから乗る」ボタンをタップします。

image

乗車する場所が入力されたら、次に「降車場所」をタップします。 降車場所は、「地図から探す」で地図上の地点を選ぶこともできますし、住所を入力して指定することもできます。

image

乗車・降車場所を登録したら、あとは必要に応じて「タクシー会社」「車種/台数」「クーポン」などを設定します。今回は、ネット決済に対応しているタクシー会社「日本交通」を選択しました。

image

「車種/台数」の設定画面を開いてみると「黒タク優先」「黒タクのみ」などの選択肢が用意されています。 ここで私は、「黒タクってなんだろう?タクシーが黒いの?」と思いつつ、追加料金もないということなので「黒タクのみ」を選択。
「タクシーを呼ぶ」をタップします。

image

ネット決済に「ドコモケータイ払い」を設定しているので、dアカウントにログイン後、spモードパスワードを入力し、「承諾する」をタップして支払い決済をします。

乗車、支払い、降車の流れが想像以上にスムーズ!

image

アプリから情報が送信されて、すぐに近くの条件に合うタクシーが配車されます。その様子はアプリの画面で確認でき、配車されたタクシーが今どこにいるのかも表示されます。
気が利いているのがタクシーが乗車時点に到着するまでの時間を「あと約6分」というように表示してくれるところです。
タクシーが来るまでのおよその時間がわかってギリギリまで外に出なくても大丈夫です。
地図を見ていると、私に配車された車は迷うことなく指定した乗車地点に到着。来たタクシーの運転手さんが私の名前を確認して乗車。ここまで非常にスムーズです!

タクシーの運転手さんに聞いた“配車アプリ事情”

タクシーに乗ると、「行き先は○○○ですね」と確認してすぐ出発!アプリから地図で場所を指定しているのでほとんど話す必要がありません。
でも、せっかくなので運転手さんにいろいろ聞いてみました。
アプリから呼ばれることは多いんですか?
「そうですね。1日数十回お客様にご乗車いただく中で、最近は半分以上スマホからの配車になります。みなさん、ネット決済でお支払いされますね」
半分以上ですか。意外と多いですね!
「みなさん、便利だとおっしゃいますね。降りるときもレシートを受け取って終わりですから。ドライバーも簡単で助かっています」
なるほど。ところで“黒タク”って何ですか?
「黒タクは文字どおり車体が黒いタクシーのことで、ハイグレードタクシーのことを指しています。車両が高級なのと、運転も無事故無違反で審査に通った質の高いドライバーが担当しているんです(※)」
※日本交通のタクシーの場合。ハイグレードタクシーの基準は、タクシー会社によって異なります。
そうなんですね。運転手さんも車両もハイグレードなら黒タク一択じゃないですか!
「おかげさまで『タクシーに乗るなら黒タクに限る』とおっしゃってくださるお客様もいらっしゃいます。でも、黒タクは台数が限られていて、指定していただいても時間帯によってはなかなか来ないということもありますので呼ぶときはご注意ください」
あ、だから「黒タク優先」の選択肢も用意されていたんですね。
「やっぱり終電がなくなったら深夜の時間帯が黒タクに限らず配車依頼が集中するので、その時間に黒タク限定にするとお待たせしてしまいそうですね」
…などと話しているうちに目的地に近づいてきました。
普通のタクシーならやや慌て気味で「その信号の手前で停めてください」などと言わなくてはならないところも、今回はタクシーのナビ画面にアプリで指定した降車場所が表示されているので、何も言わなくてもスローダウンして運転手さんから「ここでよろしいですか」と確認してくれます。これは快適!
話していた通り、ネット決済なのでレシートを受け取って降りるだけで完了です。

image

ほかの配車アプリとの比較

「全国タクシー」以外にも、タクシーを呼べるアプリがありますのでご紹介します。
Uber
Android iOS

image

アメリカ発の配車アプリ。日本国内での利用は現状ハイヤーに限定されるため若干料金が高く設定されていますが、海外の70カ国以上でも展開しているサービスなので、海外旅行中でも利用可能なのがポイントです。支払い方法はオンラインでのカード決済のみになります。
フルクル
国際自動車株式会社(kmタクシー)が提供するサービスです。利用可能範囲は、東京23区、三鷹市、武蔵野市と狭いのですが、「全国タクシー」のような迎車料金の加算なしでタクシーを呼べるのが特徴です。
実際は配車依頼をするのではなく、周辺(半径500m以内)を移動している空車のタクシーに乗車希望の乗車意思を伝えるという仕組みのアプリ。あくまで“流し”のタクシーとのマッチングのみを行うだけなので、先に来た別のタクシーに乗っても問題ありません。

まとめ

配車アプリで、実際に乗ってみた感想を一言で表すなら「快適」です。ハイグレードな黒タクを指定したおかげもあったかと思いますが、目の前まで来てくれて、行き先を説明しなくてもよくて、支払いの煩わしさもないわけですから、とにかくスムーズ。あとは迎車料金をもう少し安くしてくれればと思いますが、それは高望みでしょうか。今後も使いどころを考えて、配車アプリを活用したいと思います!
【ライター】中筋義人
酒と肴とデジタルガジェットをこよなく愛すライター。最近はスマホ片手によなよな居酒屋巡りをして、写真のインスタ映えを追求したり、しょーもないつぶやきをネットに投げたりしています。

注目記事

【LINE】既読付けずに読む・送信取り消し方法(動画付き)
「スマホが熱い」は危険信号!?発熱の原因と対策
スマホで桜を撮る!ワンランク上の撮影テクニック
意外と知らない!画面の上にあるアイコンは何?
無料Wi-Fiスポットの使い方と利用上の注意
そのスマホ大丈夫!?パターン別ウィルス対策アプリ
かしこい人はアプリで節約。今月ピンチ!を乗り切る節約アプリ5選
こんなに便利になった!Googleマップの最新事情
あなたは大丈夫?スマホのマナー最新常識5選
位置情報ってオンにするべき?オフにするべき?
カフェ好きSNSやインスタで自分好みのカフェ探し
カラダを温める食材とレシピアプリで温活しました!
意外と知らない!?Twitterの検索テクニック
パスワードを忘れた時はChromeのパスワード保存機能が役立つ
不適切なコンテンツとして報告する

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る