メディア個別 「全国タクシー」アプリで黒タクのタクシーを呼ぶ | NTTドコモ dアプリ&レビュー

アプリ&レビュー

2018/03/25

「全国タクシー」アプリで黒タクのタクシーを呼ぶ

image

タクシーって乗りたいと思ったとき限って、道で待っていてもなかなか来ないですよね。電話で配車を頼もうとしても、電話番号を調べてかけて、言葉でこちらの場所を伝えるとなると一苦労です。そんな不便さを何とかしてくれるタクシー配車アプリです。調べてみると、「呼ぶ時の現在地や乗ってからの目的地の説明不要」「いろいろな大手タクシー会社から選択可能」「グレードの高い車両指定」「支払いをネットで簡単に済ませられる」「アプリによっては迎車料金の加算なしでタクシーを探せる」などメリットいろいろ。これは試しに乗ってみるしかない。今回は、配車アプリを実際に試した様子をレポートします!

初めて使う際には登録が必要

私の仕事場から少し行けば大通りに出るので、そこで待っていれば空車のタクシーは通りそうですが、今日は天気も良くないし、大きな荷物も抱えていて少しの距離も歩きたくない。そんな場合は建物の前まで乗り付けてほしい!ということでアプリを使って、仕事場の建物の前まで来てもらうことにしました。
全国タクシー:タクシーが呼べる
Android iOS
今回は、タクシー配車アプリ「全国タクシー」を利用しました。国内の複数大手タクシー会社の車が利用可能なアプリです。

image

インストールして起動すると、まず本人確認のための認証があります。アプリで呼べるとなると、いたずらで使ってしまうようなことを防ぐ手法と思われます。
認証は、電話番号を送るとSMSで送られてくる4桁のコードを入力すればOKです。

image

次にアカウント情報を入力。名前とメールアドレス、パスワードなどを設定します。

image

アカウントごとに、支払い方法も登録できます。アプリでタクシーを呼んだ場合、通常に乗った時と同じように現金やカードで料金を支払うこともできますが、あらかじめ登録しておいた方法でスマホから支払う「ネット決済」も利用可能です。今回は「ドコモケータイ払い」を利用することにして、あらかじめドコモのdアカウントを登録しておきます。
以上が準備段階です。

実際にタクシーを呼んでみる!

それでは、いよいよタクシーを呼んでみましょう。

image

「全国タクシー」の地図画面の上部にある「今すぐ呼ぶ」をタップします。次に、地図を指で動かして、タクシーに乗りたい(呼びたい)地点を画面真ん中のアイコンの位置を調整します。画面右下の現在地ボタン(赤丸部分)を押すと今いる地点が中心になります。

image

おおよその乗車地点が決まったら「ここから乗る」ボタンをタップします。すると地図が拡大されるので、タクシーが停車しやすい道路沿いに地図の位置を調整してもう一度「ここから乗る」ボタンをタップします。

image

乗車する場所が入力されたら、次に「降車場所」をタップします。 降車場所は、「地図から探す」で地図上の地点を選ぶこともできますし、住所を入力して指定することもできます。

image

乗車・降車場所を登録したら、あとは必要に応じて「タクシー会社」「車種/台数」「クーポン」などを設定します。今回は、ネット決済に対応しているタクシー会社「日本交通」を選択しました。

image

「車種/台数」の設定画面を開いてみると「黒タク優先」「黒タクのみ」などの選択肢が用意されています。 ここで私は、「黒タクってなんだろう?タクシーが黒いの?」と思いつつ、追加料金もないということなので「黒タクのみ」を選択。
「タクシーを呼ぶ」をタップします。

image

ネット決済に「ドコモケータイ払い」を設定しているので、dアカウントにログイン後、spモードパスワードを入力し、「承諾する」をタップして支払い決済をします。
次のページ 乗車、支払い、降車の流れが想像以上にスムーズ!

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る